第1回日本エム・イー学会甲信越支部大会


  1. 高分解能スケールセンサの試作とその生理学的応用

  2. 電気刺激による骨癒合促進の臨床応用

  3. 独自に開発した歯科用ファイバースコープによる研究
    −その装置の紹介と歯科並びにその隣接領域への応用−

  4. 体表面ヒス束電位記録への BBD の応用

  5. 新しい電磁界生体運動測定法 (Angiomoveogram) の考案と応用について

  6. オールパーパス心臓ペースメーカーの基本構成

  7. RFハイパーサーミア装置と実験脳腫瘍への効果

  8. 呼吸の周期形成機構について

  9. 狭帯域ローパスフィルターを用いた消化管筋電位測定位置

  10. 筋電図自動分析の歯科分野への臨床応用について
    −下顎前突者の被蓋改善前後における咀嚼筋活動の変化−

  11. 筋電図自動解析のアルゴリズム

  12. 米国医療情報学研究における最近の話題

  13. 下顎運動の 3 次元測定解析モデル

  14. 眼振の自動分析

  15. 画像解釈言語 PILS と胃 X 線写真解析への応用

  16. わが国における救急医療情報システムの問題点とその対策


※無断転載を禁じます。